Menu

スポーツ障害

Home

スポーツ傷害とは

スポーツ傷害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

(外傷)
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。

(障害)
医学的に「使いすぎ症候群(オーバーユース)」と言われ、身体を酷使することで発生する疾患であると言えます。特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。

スポーツ障害の主な部位と種類

膝: ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、
    腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
肘: 野球肘、テニス肘等
肩: 野球肩、リトルリーガーショルダー等
足: 足底筋膜炎、踵骨骨端症等
脚: シンスプリント、アキレス腱炎等
腰: 腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
首: むち打ち症等

スポーツ傷害の治療法

スポーツ傷害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。
RICEとは、安静(Rest)、冷却(Ice)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation) の略です。
安静(Rest)
患部を包帯やギプスなどで固定し安静にさせます。
冷却(Ice)
患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ、腫れや炎症を抑えます。
圧迫(Compression)
患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。
挙上(Elevation)
患部を心臓より高く上げることにより、リンパや静脈の流れをよくして腫れを抑えます。
また、関節可動制限がある場合は、その関節を矯正することで治癒期間の短縮が期待できます。
例えば、テニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、より短期間に治癒することが多いです。
人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。

スポーツ傷害の予防と再発防止のために

ストレッチを行う/ウォーミングアップとクールダウンを行う等ですが、最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うことです。そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。

当院のスポーツ傷害治療及び専用治療機器

当院では、主な治療法として、筋肉損傷の改善に大変効果のある手技治療を行っております。東洋医学で言う「経絡」という気・血の通り道を指圧で押圧することにより、自然治癒力の促進、免疫力の増強につながり、早期回復が期待できます。
又、スポーツ傷害用に開発された電気治療機器、超音波治療器を併用し、スポーツへの早期復帰を目指しております。
スポーツでの怪我において、たいしたことないと治療せずに競技を続けてしまいますと、後に痛みが増強したり、負傷してから時間が経過してしまったために治りづらくなってしまいます。
早めの受診と、定期的な治療により、健康な体で競技を続けることができます。痛みまでなくても、足がつりやすい、疲れやすい、違和感等、気になることがあればお気軽にご相談ください。

超音波治療器

超音波治療器

スポーツ傷害において、「超音波」は大変効果の高い治療器であり、オリンピック選手・トップアスリートに重宝されている治療器です。
最大のメリットは、指圧等で届きづらい深部の治療が可能ということです。機器の先端から、1秒間に100~300万回の機械的振動を体内に最大で6~9センチの深さまで送り込むことで、驚異的なミクロマッサージ効果と温熱効果を期待できます。
ミクロマッサージと温熱効果により、血流改善、急性・慢性の炎症の軽減等が起こり、損傷組織修復の促進と瘢痕組織の軽減につながり、損傷部位を限りなく、負傷以前の状態に回復させることが可能です。

立体動態波刺激療法

立体的な電気刺激を患部に送ることによって、原因となっている深部の組織に刺激を加えることができます。長年続いている症状の大部分は深部の組織に原因がありますが、これまでの日本の医療機器による平面的な電気刺激では、原因がある深部の組織までは刺激を送ることはできず、浅い部分の組織を治療することしかできませんでした。
唯一、深部の組織に刺激を送ることができるのは、ドイツの立体動態波治療器で、オリンピックやワールドカップ等に出場するトップアスリート達に高く評価され、主に欧米の医療機関で幅広く使用されてきました。今回、日本の医療機器メーカーがドイツ製をさらに改良し、より深部に刺激を送ることができる立体動態波治療器 ES-530を開発いたしました。長年にわたって改善しない症状の方にお勧めします。

電気筋肉刺激療法(EMS) 料金500円 20分

EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは、骨格筋、運動神経に中周波電気刺激を加えて筋肉の収縮を引き起こし、筋力トレーニングを行う療法です。本来は、衰えてしまった筋肉を刺激することで、体力の不安をなくすリハビリなどで使われていました。その高い効果が注目され、現在では運動選手の筋力、筋持久力の維持向上、運動後の筋肉をほぐす作用と故障の予防等でスポーツ界でも広く活用されるようになりました。
関節に負担をかけずに筋肉へ刺激ができるのが特徴です。例えば、膝をケガして膝関節を過度に動かせないときなどは、膝に負担をかけずに大腿部のトレーニングが行えます。それによって関節の負担を減らし、痛みの軽減が期待できます。また最近では、スポーツ競技前にEMSを行うことで筋肉に適度な張りを持たせることができ、パフォーマンスの向上に役立つと好評です。

EMSメディカルダイエット 料金500円 20分

EMSは自分で鍛えることが難しいインナーマッスルや細かい筋肉、使われず眠っていた筋肉にアプローチし筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げ、脂肪の燃焼に効果があることが確認されています。
当院においては、骨盤矯正後に殿筋(骨盤周囲筋)にEMSを流すことにより衰えた筋肉を強化します。強化することにより、疲れをたまりづらくし、正しい姿勢を維持できることから、再び骨盤がゆがんでしまう事を予防します。
また、腹筋と背筋、殿筋をトレーニングすることでヒップアップにも効果が期待できることから、健康的で良いボディーラインが維持できると考えます。

微弱電流療法

人間の持っている自然治癒力というのは、生体の中に流れている微弱な電気が関係あるとされております。その微弱な電気を外部から通電することで、治癒力をアップさせる治療法です。損傷を受けた組織の修復を促進させますので、骨折や筋肉、靭帯の損傷の治癒の早期回復に効果が期待できます。

高電圧電流療法

欧米では最もよく使用される治療法の1つですが、日本においても治療効果・安全性が認められ、国産で初めて認可されました。
電気治療は皮膚の抵抗を受けるため、深部までの刺激は困難でした。高電圧電流は150V以上の電圧を加えることで、皮膚に抵抗を与えず深部組織まで到達でき、深部までの筋肉の緊張の改善や急性的な腫れをひかせたり、激痛に対する鎮痛効果が期待できます。